ひまわりの切り花がすぐ枯れるのはなぜ?復活できる?失敗しやすいポイントまとめ

切り花を長持ちさせるコツ

せっかく購入した切り花が、すぐに枯れてしまうときほどガッカリすることはありません。夏に選びたい花、ヒマワリも、あっという間に元気がなくなってしまって嘆いてはいませんか?

もしかしたら、お世話の仕方に問題があったり、萎れてしまったヒマワリを復活させることもできるかも?ヒマワリの切り花を飾るときに気をつけたいことと、元気にする方法を紹介します。

Ad:

ひまわりがすぐ枯れてしまうのを防ぐには

一般的に切り花の花持ちが悪いとされる夏ですが、花屋さんで普通に売られているヒマワリなら、5日~1週間は飾っておけるものです。見切り品で安くなっている場合や、自分で庭から栽培してきたヒマワリはもっと短いこともありますね。

地植えしているヒマワリに比べるとだいぶ短いので、ひまわり畑のヒマワリのように、2週間~きれいに咲かせるのは難しいので注意してくださいね。

もし1~2日で、枯れる(花弁が茶色くなったり、落ちたりする)というよりは、萎れる(花首が下を向いてしまったり、茎が柔らかくなってしまったり)という感じにシナシナしてしまう場合は、飾り方に問題があって、改善したら元気になる可能性が高いです。

ちゃんと水が吸えている?

切り花の元気がなくなってしまう原因は、とにかく水不足が多いです。ヒマワリはたくさん水を吸うので、うっかりして花瓶の水が空っぽになってしまった!という場合や、水を吸い上げるのに大切な茎の切り口や導管が詰まっていて、思うように水を花まで届けられていない可能性があります。

茎の切り口が乾燥していたり、汚れが詰まってしまうのを防ぐために、買ったヒマワリを持ち帰ったときや、花瓶の水を交換するときに、先っぽを少しだけ切って断面を新鮮な状態にしてあげましょう。

切った直後の乾燥を防ぐために水中でハサミを入れ、水に触れる面を広くするために斜めに切るとさらに効果的です。

導管が詰まっていると切り口を切るだけでは解決しないので、まだ元気がないようでしたら、湯あげしてみるのがおすすめです。やり方はこちらを参考にどうぞ♪

花瓶の水はきれい?

ちゃんと水が吸えていても、花瓶の水が濁っていると、ヒマワリの元気がなくなってしまうこともあります。

気温の高い夏は花瓶の水が汚れやすいだけでなく、茎に産毛のようなものが生えているヒマワリはとても水を汚しやすい花なので、理想的には1日一回、花瓶の水換えをするときに、花瓶の中と水に使っている部分のヒマワリの茎をサッと洗って、きれいに保つようにしたいところです。

ヒマワリは茎が水に使っているところから腐ったり汚れたりするので、花瓶の水は「つぎの水換えまでになくならない程度に少なめ」がベスト。花瓶の大きさや、花の本数にも寄りますが、5~10センチくらいで済ませられると良いですね。

ヒマワリは水をたくさん吸うのと、夏は水が蒸発しやすくもあるので、少なくしすぎてなくならないように気をつける必要があります。

Ad:

直射日光に当ててない?

青空の下のひまわり畑の印象で、ヒマワリはお日様が大好きなんだな~と思いがちですが、切り花になったヒマワリは繊細なので、強い直射日光に当てるとすぐに弱ってしまいます

ヒマワリを飾るときには、できるだけ風通しが良くて、直射日光、エアコンの風が当たらない、明るい日陰を選ぶと長持ちしますよ!

葉っぱがたくさん付いてない?

花屋さんで買ったヒマワリは、すでに処理済みであることが多いですが、家の庭で収穫したヒマワリだったりする場合には、花の近くの上の方の葉を2枚残すくらいにして、ほかの葉っぱはすべて取ってしまいましょう

ハサミを使ってもいいですが、手で軽く下にひっぱるだけでもポキっと取れます。

これは、切り花が吸い上げられる水の量では、すべての葉っぱと花に充分な水を行き渡せることができないためで、余分な葉っぱを取って、メインのお花が元気に咲くようにします。

ヒマワリの元気がないときにできること

切り花がへなへなになってしまった心当たりは見つかりましたか?現状を改善するだけでは手遅れなこともあるので、あんまり元気がない場合には、ちょっと荒業になりますが

  • 茎をかなり短く切り、花に水が届きやすいようにする
  • ヒマワリを浴槽などでまるごと水に付け、花から直接水を吸わせる

という方法も効果的です。詳しいやり方や、どんなときに効果が期待できるのかについては、こちらのページの下の方も合わせてご確認ください。

せっかく購入したヒマワリなので、しっかり枯れてしまうまで楽しみたいですね。

Ad:
タイトルとURLをコピーしました