ドライフラワーの持ちはどれくらい?捨てどきを見分ける方法

ドライフラワー

お花をより長く飾っておきたいときの強い味方、ドライフラワー。乾燥しているのだから半永久的に飾れるもの、と思いがちですが、実はそこまで持つものではないんです!

このページでは、ドライフラワーの寿命はどれくらいなのか?できるだけ長くたのしむにはどうしたらいいのか?について紹介します。

Ad:

ドライフラワーの寿命はどれくらい?

作ったドライフラワーをどれくらい飾っておけるかどうかは、

  • どの花を使っているのか?
  • しっかり乾燥させて作ったのか?
  • どこに飾っているのか?
  • 手入れはしているのか?
  • 季節はいつ?

などのいろいろな状況によって、年単位で差が出ます。なので「何ヶ月は大丈夫です!」という紹介はできません。

しかしそれではあんまりなので、大まかな目安としては、いちばんきれいに楽しめるのは最初の2~3ヶ月という感じです。驚くほど短いですね!ネイティブ系のもともと持ちの良い花なら、ドライフラワーにしなくても飾っておける期間です。

からからに乾燥させたドライフラワーですが、実はこの最初の2ヶ月くらいはまだ呼吸をしていて、ドライフラワーらしい落ち着いた色合いを楽しむことができる期間です。それ以降は完全に乾燥し、徐々に色あせ、全体がもろくなって壊れやすくなっていきます。

完全に乾燥した後のドライフラワーをいつまで飾っておくかの判断は、自分がどの程度まで飾っておきたいと思えるか、によって変わります。防湿剤と一緒にガラスケースに入れて、丁寧に保管しておけば、何年も残しておくこともできますが、大体の場合には、乾燥させてから半年、長くても1年程度を目安に、ドライフラワーの寿命としていることが多いです。

では、なぜドライフラワーは寿命になってしまうのか?捨て時はどうやって決めれば良いのでしょうか。

捨てどきの見分け方

繊細なドライフラワーは、痛みやすく、壊れやすいインテリアです。そのうち、どうしても装飾品というよりはゴミに近い状態になってしまうので、きれいな状態でなくなってしまったら潔く処分しましょう。

1年以内にドライフラワーを処分する理由としては、

  • カビが生えている
  • 虫が湧いている
  • 色褪せ
  • ほこりが溜まっている
  • 形が崩れてしまった

が多いです。

カビが生えている

ドライフラワーを飾るときに問題になりやすいのは、湿度が合わなくてカビが生えてしまうことです。湿気の多い日本ではとくに発生しやすいので、悲しいことに、日本はドライフラワーを飾るのに適しているとは言えないんですよね。

カビ、というと緑色の苔のようなものを想像しがちですが、ドライフラワーに生えるカビは殆どが白いもの。白くてフワフワしたものが目についたら、それはホコリではなくカビです。

生えてすぐに気がつければ、カビの付いた花だけ処分して事足りることもありますが、残念ながら一度カビが生えるとドライフラワーの奥に潜んでいることが多く、完全に取り除くのが難しいです。周囲に広がってしまう前にドライフラワーごと処分するほうが安心ですね。

虫が湧いている

ダニやシバンムシなどの虫が湧いてしまうこともあります。目で見つけられない卵や幼虫が潜んでいることも多いので、虫が発生してしまったときの対処法としては、発生源を処分することが第一。放っておくとドライフラワー以外の場所に被害が広がってしまうので、「数匹しかいないし~」と楽観せずに、思い切って捨ててしまうことが大切ですよ!

色あせ

ドライフラワーは、生花に比べると落ち着いたアンティークな色合いであるものですが、飾っているうちにどんどん色褪せ、徐々に色の抜けた茶色、茶色を通り越して灰色っぽくなっていきます。こうなってしまうと、ドライフラワーというよりもただの枯れた花です。

どの段階まで飾って楽しめるかは個人差がありますが、ドライフラワーは寿命があるものであり、完全に枯れたらそれは楽しめる段階が過ぎ去ったドライフラワーである、ということを知っておきましょう。

ほこり

ほかの装飾品と同じく、ドライフラワーにももちろんほこりが溜まります。瑞々しい切り花よりも、さらに繊細なドライフラワー、もちろん丸洗いはできませんし、掃除は気をつけて行わないと、ポロポロ崩れる原因にもなってしまいます

また、うっかりほこりを溜めてしまうと、ほこりがベタベタして簡単に払えない状態になってしまいます。ベタベタになったほこりをドライフラワーから取り除くのは不可能なので、こまめなほこり取りを習慣づけるようにしましょう。

ドライフラワーのほこり対策についてはこちらのページもどうぞ♪

形崩れ

乾燥したドライフラワーは、室内の湿気を吸い取ったり、部屋がカラッとしたらまた乾燥したりを密かにくりかえしています。水分を含んだ状態だと重さでたわり、乾燥するとその状態で固定されるので、じわじわと形が変わってしまんです

それだけなら、アレンジの仕方によってはそれほど気になるものではありませんが、湿ったり乾燥したりを繰り返しているうちに、だんだんと脆くなるドライフラワーは、半年もしたころから葉や花びらを落としたり、割れたりするように。それでもさらに飾っておくと、最終的には葉がなくなって茎と花だけになってしまいます。

ドライフワラーの捨て方

捨てる機会がないと一瞬考えてしまいますが、ドライフラワーは燃えるゴミに出せばOK。ただ、食べかすや汚物と一緒にゴミに出すなんて!お花を捨てるのは気が咎めて苦手~!というひとも意外といらっしゃいます。

そういう場合には、ちょっとした工夫で罪悪感を和らげるのがおすすめですよ!

Ad:

ドライフラワーを長持ちさせるコツ

ドライフラワーは外からの影響を受けやすいので、飾る場所や手入れの仕方によって、なが~~~く楽しむことができたり、逆にすぐに駄目になってしまったりします。

「ここに飾ろう~」と思った場所が、必ずしもドライフラワー向きではないことが悩ましいですが、とくに大切なドライフラワーの場合には、傷みにくい場所に飾るほうが長く残せます。

では、ドライフラワーに適している場所とはどんな場所でしょうか?

湿度の高い場所を避けましょう

言わずもがなだと思いますが、まずは湿度の高い場所を避けましょう!ドライフラワーはカビやすいので、じめじめした場所に置いておくと驚くほど早くカビてしまいます。梅雨時から夏場はドライフラワーにとってつらい時期でもあるので、この時期だけは防湿剤と一緒にガラスケースに入れて飾る、とうのも賢い選択です。

光の当たる場所を避けましょう

色あせを避けるためには、日の当たる場所を避けることも大切です。直射日光はもちろん、明るい室内より暗い場所のほうがさらに色あせ予防になります。

注意したいのは、ドライフラワーは日光だけでなく蛍光灯でも色あせすること。光=日光だと思いがちなので、これは盲点です!ドライフラワーを飾る場所の電気は、蛍光灯ではない普通の電球のほうが適しています。

こまめにホコリを払いましょう

ドライフラワーを傷めにくい場所に飾っても、どうしても避けられないのがほこり!棚の上などにドーン!と飾るよりは、扉のついた飾り棚の中など、ほこりをかぶりにくい場所に飾るのはひとつの手です。

繊細で壊れやすいドライフラワーは、タオルなどでゴシゴシ擦ると葉や花弁が取れてしまったりするので、ほこりを取りたい場合にはメイクブラシなどの柔らかいもので掃き取るか、カメラレンズ用のブローラーなどを使って優しく吹き飛ばすのがおすすめです。

つまり、優しく触れるだけで取れるくらいのほこりを、こまめに取り除くことが大切で、一旦ほこりがベタベタして取れにくくなってしまうと、花を傷つけずに掃除するのは難しいです。

長持ちしやすい!ドライフラワーにおすすめの花

花を選ぶことができるのならば、ドライフラワー向きで、乾燥させたときに壊れにくい花を選ぶことで長持ちさせることができます。ドライフラワーにするのに人気な花をまとめてみました。

ネイティブフラワー

もともと乾燥しているユーカリやバンクシアなどのネイティブフラワーは、水を入れた花瓶に飾っていてもドライフラワーになるくらい、乾燥させやすい花です。ドライフラワーにしても見た目があまり変わらないのも嬉しいポイント。

ちょっと変わったおしゃれなドライフラワーを作りたいときに、真っ先におすすめしたい花たちです。

バラ

切り花の王様、バラもほんのり色を残してセピア色になり、アンティークな仕上がりになります。いかにもドライフラワー!という見た目になるのも作りがいがありますね。

ラベンダー

ラベンダーのいいところは、なんといっても香りも楽しめるところ。乾燥させたラベンダーを飾って楽しんだあとでポプリにすると、2度も3度もおいしい優秀な花です。

ミモザ

どうしても色が地味になりがちなドライフラワーですが、ミモザは乾燥しても元気な黄色を保ってくれます。長く楽しみたいからドライフラワーを作りたいけど、カラフルなアレンジがいいな~という場合にはぜひ花屋でミモザを探してみてください。

スターチス

ミモザと同じく、ドライフラワーになっても色を保ったままのスターチスは、乾燥させる前からカサカサした花がついていて、いかにもドライフラワー向きですよ、という感じです。紫が一般的ですが、淡いピンク、白、黄色のものもときどき見かけます。

持ちのいいドライフラワーを作るには?

逆さまにして吊るしておけばドライフラワーになるので、簡単に作れるといえばそうなのですが、きれいで持ちのいいドライフラワーを作るには、それなりにコツが必要です。

とはいえ、難しいものではありません。せっかくドライフラワーを作るのですから、プロみたいな仕上がりになるように以下のポイントを抑えておきましょう。

詳しいハンギング法での作り方は、写真付きでこちらで紹介しています。

新鮮な花を使いましょう

ドライフラワー=枯れた花、ではありません!ちゃんと作られたドライフラワーは、花がきれいに咲いている瞬間に水から出して乾燥させています。まずは花瓶に飾って楽しんで、枯れそうになったらドライフラワーにすれば一石二鳥な感じもしますが、きれいなドライフラワーを作るには不十分です。

しかし、新しければ新しいほど良いかというと、そういうわけでもありません。買ってきたばかりで蕾だらけの花を乾燥させようと思うと、水分をたくさん含んでいる蕾を乾燥させるのに時間がかかってしまい、一気に乾燥させられないので色が悪くなってしまいます。

花が完全に開いた瞬間が、いちばんドライフラワーにするのに理想的な状態です。

乾燥させる場所を選びましょう

ドライフラワーを作るときには、風通しが良くて湿気のない場所に吊るしましょう、というのは周知の事実ですが、これは花が悪くなってしまうスピードよりも早く水分を抜いて、短時間で乾燥させることが目的です。中途半端な場所でだらだら乾燥させればさせるほど、花が傷んだ感じの仕上がりになってしまいます。

切り花を飾る場所としてはNGの、エアコンの風の当たる場所も、ドライフラワーを作る場合には都合がいいです。できるだけ風に当てて、一気に水分を花から抜きましょう。

しっかり乾燥させてから飾りましょう

はやく飾りたくて水分の残っている状態で吊るすのをやめてしまうと、水分の残ったドライフラワーになってしまい、飾る場所や飾り方によってはカビやすくなってしまいます。

吊るしているあいだも飾っている、くらいの気持ちで、気長に、しっかりと乾燥させましょう。

保存用のコーティングを施しましょう

ドライフラワーを長持ちさせる用のスプレーのりでコーティングするのもおすすめです。ボロボロと崩れてしまうのを防ぎ、防虫剤の役割もあり、ものによっては防水効果があるので、多少の湿気にも負けない、つよいドライフラワーを作れます。

ただ、スプレーを吹き付けるとどうしてもテカテカしたような仕上がりになるので、ドライフラワー特有の乾いた感じが薄まってしまうのが残念なのと、スプレーの臭いがついてしまうので、鼻が敏感な人は苦手かもしれません。特別な花のドライフラワーなど、とくに長く残したい場合におすすめです。

どんなにドライフラワーを作るわけじゃないしな~という場合には、ケープなどのヘア用スプレー、透明アクリルスプレーなどでも代用することができます。

Ad:
タイトルとURLをコピーしました