切り花にハイターや漂白剤を入れると長持ちする?の真相と正しい使い方

延命剤について

「花瓶の水にハイターを混ぜると切り花が長持ちするよ~」という話を聞いて、ハイターなら家にあるから試してみたいけど、生き物である切り花にハイターを使っても本当に大丈夫なのか?どれくらい入れるのがちょうどいいのか?具体的な情報がなくて半信半疑になってはいませんか?

ハイターは量を間違えると、切り花を長持ちさせるどころか枯れる原因になってしまいます。正しい量を厳守して、安全に♪効果的に♪使用しましょう。

Ad:

切り花を長持ちさせるのに大切なのは水!

切り花を長持ちさせるのに大切なのは、できるだけ花瓶の水を新鮮な状態に保って、花のすみずみまで水が行き渡るように手入れしてあげることです。

方法は簡単で、基本は3つ。「毎日花瓶の水を交換すること」「水替えをするときに花瓶を洗って清潔にすること」「毎日水切りをして茎の断面をきれいにすること」です。

というのも、切り花を生けていたり、気温が高かったりすると、花瓶の水にバクテリアがどんどん増えてしまいます。汚れている水を切り花が吸うと、茎の中にある管が汚れで詰まってしまい、そうすると水が吸えなくなってしまうんですね。

根っこがなく、きれいに咲くための水分を茎の切り口に依存している切り花にとって、管が詰まってしまうのは死活問題!なので「バクテリアが増えすぎる前に水を交換する」「花瓶に残っている汚れも洗う」「乾燥したり汚れが詰まったりしてしまう切り口を切ってきれいにする」のが大切です。

しかし、忙しかったり、忘れてしまったり、疲れていたりして、毎日切り花の面倒を見ていられない!ということもありますよね。そんなときに心強いのがハイターです。

頻繁に水替えができないときの味方、ハイター

ハイターといえば、黄ばんできたタオルの漂白や、キッチンやトイレの除菌に使われる、多くの家庭で広く使われている漂白剤です。

そうです、除菌に効果があります!花瓶の水に混ぜることで、花瓶にバクテリアが繁殖してしまうのを防ぎ、こまめに水を替えなくても清潔な状態に保つ効果があります。

ハイター以外の漂白剤でも大丈夫?

家で愛用している漂白剤がハイターでなくても、もちろんその漂白剤を使用して大丈夫です!

ハイターは漂白剤のなかでもとくに有名な花王の商品ですが、同じく除菌効果のあるブリーチなどのほかのメーカーの漂白剤でも、同じ効果が期待できます。

Ad:

ハイターの使い方

ハイターを切り花に使うときに大切なのは、ぜったいに入れすぎないこと!です。

「ハイターを入れると長持ちするっていうから使ってみたら、長持ちするどころか翌日枯れてしまった」という声がネット上でちらほら見られますが、これらは高確率でハイターの入れすぎが原因です。

花瓶にハイターを入れるときの適量は?

ハイターはとても強力なので、水に混ぜるときにはできる限り少量にしてください。具体的には、水300mlに対して1滴垂らすだけで十分です。大切なことなのでくりかえしますが、ほんの一滴です。目薬を垂らすときの一滴や、アロマオイルから出てくる一滴と同じ、一滴!です。

ハイターが入っている容器のままだと、一滴だけ垂らすのは難しいので、使う量を調節できるワンプッシュボトルや、スポイトを使って入れるのが安心です。


それ以上入れてしまうと花を痛めてしまいます。花瓶の水に一滴だけ!というのを徹底できない場合には、使わないほうが長持ちするのでハイターの使用は控えましょう。

ハイターを使ったら水替えはしなくてもいいの?

ハイターを入れると水が汚れるのを防ぐことができますが、完全に防ぐ、というよりは、汚れるのを遅らせる、と言ったほうが正しいです。

とくに暑い夏場は水が汚れるスピードも早いので、目で見て濁ってきたな、というのが気になり始めたら、やはり水替えは行ってください。

また、水に入れっぱなしになっていると、茎の根元はだんだん腐ってしまいます。なので、やはり飾りっぱなしにするよりは、ときどき根本を切って切り口をきれいにしましょう。水切りという方法で根本を切ると、とくに効果的なのでおすすめです。

ハイターと延命剤の違い

世の中には、切り花専用の延命剤というものもあります。その名の通り、切り花を長持ちさせるために花瓶の水に混ぜるもので、延命剤を使うと、切り花に栄養を与え、水をきれいに保ち、花の水の吸い上げを良くする効果が期待できます。

この中の「水をきれいに保つ効果」はハイターを使ったときと同じもので、実は延命剤に使われているのも、ハイターと似たような成分です。

なので、延命剤を水に入れて、さらにハイターも入れると、やはり入れすぎになって花によくありません。延命剤を使う場合は延命剤だけ使い、延命剤を買うほどいつも花を購入するわけじゃないしな~という場合にハイターで代用するのがいいですね。

糖分を入れるとさらに長持ち

さて、延命剤のその他の効果である「花に栄養を与える」ですが、ハイターには花の栄養になる成分が含まれていないので、ハイターだけでは延命剤と同等の効果は期待できません。

花の栄養は糖分なので、水にハイターのほかに糖分を加えることで、より市販の延命剤の効能に近づき、切り花を長持ちしやすくできます。とくに蕾がたくさんついている花は、花を咲かせるのに栄養が必要です。

砂糖?サイダー?どれを使う?

糖分といえば砂糖!砂糖を混ぜても良いのですが、切り花が吸収しやすくて、砂糖よりも効果的なのは、サイダーなどの無色の炭酸飲料。炭酸飲料に含まれている果糖ぶどう糖液糖は粒子が小さいので、管の細い切り花が吸い上げやすいんです。

開けたばかりの炭酸飲料はシュワシュワしすぎていて切り花が好まないので、水5に対して、気の抜けた炭酸飲料1くらいの割合で混ぜて使いましょう。

まとめ

ハイターは花瓶の水を長くきれいに保つのに効果がありますが、入れすぎると花が傷んで枯れてしまうので、使うときには注意が必要な裏ワザです。

延命剤をわざわざ買うのは勿体ないけど、ハイターなら家にあるし、花瓶の水替えをするのは面倒くさい、というときに役立つので、量に気をつけて活用したいですね。

Ad:
タイトルとURLをコピーしました