花束の持ち時間はどれくらい?切り花の持ち運び方法、水なしでも大丈夫な時間について

切り花の買い方

切り花は水に入っていないと枯れてしまいます。そうは言っても、いつでもプレゼント用の花束を渡す直前に花屋に立ち寄れるわけではないし、プレゼントした花束がすぐに花瓶の水に入るわけでもないですよね。

花束を長時間持ち歩く場合、どのようにすれば、どれくらい枯れずに持たせられるのか?は、花屋で働いているとよく聞かれる質問です。

Ad:

花束は水なしでどれくらい持つの?

水に入っていないとすぐに傷んでしまいそうなイメージのある切り花ですが、実はそんなにすぐに枯れてしまうわけではなく、環境によっては6~7時間水なしでも何とかなります

というのも、わたしの働いている花屋に花市場から花が届くまでのあいだに、だいたいそれくらいの時間が掛かるからで、そのあいだ多くの花は水に入っていないからです。買い付けから店舗への配送のプロセスは、店によってかなり異なると思いますが、規模の大きいわたしの職場は、花市場で買い付けて店舗別に仕分けるチームと、各店に配達する人、到着した花を店に飾り立てて販売するチームがすべて異なります。多くの店に大量の花を分けなくてはいけないので、そうしているあいだにどうしても花が水に入っていない時間が長くなってしまうんです。

ただ、花市場で切り花が仕分けられているのは深夜2時から5時とかの時間。夏場でも涼しくて、太陽の出ていない、切り花が傷みにくい時間帯です。

ですので、涼しくて過ごしやすい時期に、直射日光を避けた場所で持ち歩く場合には、あまり心配する必要はありません。逆に夏の暑い時期の昼間に持ち歩く場合には、何もしないで持ち歩いていると2~3時間で弱ってしまいます。

長時間水に入れずに持ち歩くときには

ですので、長時間持ち歩くときに、夏場だったり、昼間だったり、5時間を超える長時間だったりなどの心配があるときには、あらかじめ花屋さんで長時間持ち歩くことを伝えて、正しい処理をしてもらうようお願いしましょう。

大切なのは花束を作る前に伝えることで、すべて包んでから言われると最初からやり直すことになってしまいます。前日までに予約する場合には、予約するときに伝えていただけると助かります。

長時間持ち歩くことが事前にわかっている場合、水に入っていないとすぐに駄目になってしまう花を使うのを避けたり、花と花のあいだを詰めすぎないように束ねたり、根本に入れる水を多めにしたりすることで、できる限り花瓶に入っていなくても大丈夫な状態にしてくれます。季節や持ち歩く時間の長さによっては、「今の時期に長時間花束を持ち歩くのは少し心配なので、切り花ではなくて鉢植えはいかがですか?」という提案をさせてもらうこともできます。

渡すときに花がクタッとなってしまい、悲しいことになってしまうのを避けることができるので、積極的に花束を購入する花屋さんの意見を聞いてみてください。

Ad:

花束の持ち運び方

長く持ち歩けるように準備してもらった花束です。持ち歩いているときに駄目にしてしまわないよう、花を痛めない持ち方で運びましょう。

花束を立てて持ち歩く

花屋さんでは花束を作るときに、切り口が乾いてしまうのを防ぐために、濡れたキッチンペーパーを巻きつけたり、水の入った容器を被せていたりします。とくに長時間持ち歩くことを伝えてある場合、多めの水を入れてあることがあり、横に倒したり逆さに持つことで、水が漏れ出してしまう可能性も。

ラッピングの素材によっては濡れることで汚らしい見た目になってしまいますし、多くの切り花は花びらが濡れると傷んでしまうので、多めに水を入れてもらったことが逆効果にならないよう、花束はいつでもまっすぐに立てて持ち歩いてください。

車で移動するときには、花束を潰さずに入れられる大きさのダンボールなどを用意しておき、その中に花束を立てて入れるのがおすすめです。

持ち歩きに便利な袋

長時間持ち歩く場合、ずっと抱えていると片腕がふさがっていて不便だし、人の目を引くので恥ずかしくもありますよね。専用の袋を用意している花屋さんもありますが、そうでない場合には花束を入れる専用の袋もネットで購入することができます。


逆三角形になっているトートバッグのような形で、花束を痛めることもなく、便利に持ち運ぶことができるので、花束を持ったままあちこち移動する場合におすすめです。

可能なら涼しい場所で保管する

仕事前に購入し、渡すのが就業後だったりする場合、購入した花束はできるだけ涼しい場所で保管するほうが、花が健康なままプレゼントすることができます。

車の中や、風通しの悪い倉庫などは、夏だとかなり蒸し暑くなりますよね。直射日光が当たっているとさらに状況が悪く、そういう場所に花束を置いておくと、たとえ水に入っている花でもすぐに元気がなくなってしまいます。

花屋さんにアドバイスを求めましょう!

切り花が水から出ている時間が長い場合には、対策を取る必要があるので、一声かけて欲しい、ということを紹介しました。そうはいっても、縁がないとほとんど行くことがない花屋さんで、相談しながら買い物をする、というのは緊張する…というひとも、少なくないんですよね。

こちらのページでは、花屋さんでの買い物の仕方や、入りやすい花屋さんの見分け方をまとめてみました。ぜひ合わせてご確認ください。

Ad:
タイトルとURLをコピーしました