花束は前日に買うのでも持つ?翌日渡す場合の保管の仕方

切り花の買い方

花屋で働いているとときどき聞かれるのが「明日渡すのに花束が欲しいんだけど、前日にしか買いに行く時間がない。渡すまでどうやって保管しておけばいい?」という質問です。当日は忙しくて買いに行けず、やむを得ず前日に買うしかないこともありますよね。

それでも新鮮な花束を贈りたい場合、どうやって注文、管理をしたら良いのかを紹介します。

Ad:

花束を前日に購入する場合に知っておきたいこと

切り花は生き物なので、当日、できるだけ渡す直前に購入したほうがもちろん良いのですが、前日にしか購入できない場合でも、いくつかの注意点に気をつければ元気なままの花束を贈ることができます。

渡すのは翌日であることを花屋さんに伝える

花束を長時間持ち歩く予定だったり、贈るのが翌日になることが予め分かっている場合には、できるだけ早い段階で伝えてもらえると、花屋さんでもそのつもりで花束を作ることができます。事前に予約してもらって、そのときに伝えてもらえると尚良いです。

水に入っていないと痛みやすい花を使わずに花束を作ります

一口に切り花といっても、丈夫さや管理の方法は様々。花束が長時間水に入らないと分かっている場合、花瓶に入っていないと枯れやすい花を使わずに、丈夫な花や長持ちしやすい花を選んで花束を作ります

3日以上前に予約をしてもらえる場合、その日に翌日贈られる花束を作るつもりで新鮮な花の注文をすることもできるので、さらに安心できる花束が期待できます。

束ねるときにゆとりを持って作ります

普段花束を作るときは適度に花を詰めて束ね、見た目を良くしたり、柔らかい茎が曲がってしまわないようにしたりするのですが、その状態が長く続くと中のほうが混雑していて痛みやすくなってしまいます。ですので、翌日に渡す予定の花束をつくるときには、花と花のあいだを詰めすぎないよう余裕のある花束を束ねます

できるだけ花が水を確保できるように作ります

店やお客さんの状況によって方法は異なりますが、花束が翌日まで新鮮な状態でいられるように工夫をします。多くの花屋さんでは、いつもよりも多めの水を根本に入れ、その上から普通のラッピングをします。この方法だと、渡すタイミングや季節によっては水の量が十分ではない可能性もありますが、そのまま渡すことができるので簡単です。

わたしは個人的には、根本を出した状態でラッピングをして、家に持ち帰ってもらってから花束を水に入れられる状態で作るのが好きです。選んだ花の雰囲気によっては、根本が出ているラッピングでもおしゃれに見えてかわいいです。

ただ、翌日渡す前に長時間持ち歩く場合や、花の雰囲気によっては、根本を隠してしっかり包んだほうが良いこともあるので、そういう場合には根本に水を入れるようにするか、もし当日自分で根本だけ包めるようでしたら、包装紙を渡してラッピングの仕上げをお願いする場合もあります。

Ad:

保管場所の温度管理に気をつける

切り花を置いておく場所は重要で、花束を元気な状態に保つために避けたいのは、直射日光の当たる場所、エアコンの風が直接当たる場所、暑い場所、野外です。これらの場所に置いておくと、たとえ水に入っている切り花でも、驚くほど早くしなしなになって枯れてしまいます。

購入した花束を、翌日まで奥さんから隠しておいて、サプライズでプレゼントしたいから、車の中に一晩放置したい…などの都合も分かりますが、暑い時期に車内に一晩放置したら、花は翌日間違いなく枯れてしまっています。

持ち帰った花束は、風通しがよくて涼しい、玄関や廊下、脱衣所などで保管しましょう。

ちなみに、冷蔵庫に入れる、という方法もありますが、これについてはいろいろ注意が必要なので、別途こちらのページで紹介しています。

花束を立てて保管する

花束の根本に水が入れてある場合、傾けると流れ出して花や包装を濡らしてしまいます。せっかくの包装紙が濡れてしまうと、乾いたとしてもよれたり、染みになったりしますし、切り花の葉や花に水がつくと花を痛める原因になってしまいます。せっかく入れてもらった水もなくなってしまい、渡すまでに水の量が足りなくなってしまうしで良いことなしです。

一旦花束を受け取ったら、花束を潰してしまわない大きさのダンボールやゴミ箱などに入れて、立てた状態を保ってください。

花びらを濡らさないよう気をつける

花には水をあげたら元気な印象がありますが、 多くの切り花は花びらが濡れるとすぐに傷んでしまったり、腐って透明や茶色に変色してしまったりして、見た目が悪くなってしまいます。花や茎が弱ってきたように見える場合でも、霧吹きで水をかけたり、直接濡らしたりするのは厳禁です。

もし元気がなくなってしまったら

これらのことに気をつけて保管していても、茎が柔らかく曲がって花が下を向いてしまうなど、元気がなくなってしまうこともあります。

もし元気のない花がひとつ、ふたつだけの場合には、その花だけ花束から抜き取ってしまいましょう。花束を輪ゴムで留めてあるあたりをしっかり握って、抜き取りたい花のできるだけ根元のほうを掴んでまっすぐ引っ張れば、他の花を動かさずに一本だけ抜き出すことができます。

もし全体が元気がない場合、根本に入れてある水が足りていません。せっかくきれいにラッピングしてもらったのを解いてしまうのはもったいないですが、そのままにしてくとどんどん萎れてしまうので、ラッピングを解いて根本を出し、乾燥してしまっている切り口を少しだけ切って、新鮮な状態にしてから水に入れてください。

注意してラッピングを解体すれば、プロがやるほどうまくいかないかもしれませんが、同じものを再び使ってラッピングすることもできますし、花束を前日にしか購入できなかった事情を説明して、新聞紙などで包んだ花を渡すのも、萎れてしまったものを渡すよりいいでしょう。

Ad:
タイトルとURLをコピーしました